慢性骨髄性白血病

体験談

更新日:

 2005年春、さくらが綺麗に咲き始めた頃に発病しました。事の発端は、コレステロール値の定期検査で行われた血液監査です。

 病院から呼び出し電話があり、何だろうと思って病院に行ってみると、『白血病の疑いがあるので、専門病院で再検査をするように』と言われ、専門病院を紹介されました。

 この時の衝撃は、言葉にできないほど大きなものでした。当時、白血病に対する知識はほとんど無く、漠然とした死へのイメージのみでしたので、『えェー!白血病!どうすんだ!どうすんだよ~!』と、うろたえるばかりでした。

 ここでは、慢性骨髄性白血病になってしまった時に、参考になりそうな私の体験情報をまとめたいと思います。内容は各項目をクリックして表示されたページをご覧下さい。

 

大 項 目 小 項 目

解らないことへの不安・恐怖

漠然とした死へのイメージ

どんな治療をするのかな

通常の社会生活はできるの

経済的負担はどうなのよ

治療への不安

 

完治は無理なの

年齢によっては無理な治療も

グリベック投薬の副作用

 

 

 

 

耐え難い筋肉痛

耐え難いだるさ

かるい下痢

かるい発疹

体がつりやすくなった

専門用語が解らない

用語解説探しは時間がかかる

-慢性骨髄性白血病

© 2020 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 Powered by AFFINGER5