慢性骨髄性白血病

断薬最新状況

更新日:

スポンサーリンク

 2005年春、桜が綺麗に咲き始めた頃に発病し、治療薬であるグリベックを9年間飲み続けた後の、2014年4月に断薬を開始し、現在に至るまで断薬継続中です。

 断薬中は、国際的基準での分子遺伝学的完全寛解を確認する定期検査を、6ヶ月に一度(前回までは4ヶ月に一度でしたが、今回から6ヶ月になります)行っています。

 この定期検査で分子遺伝学的完全寛解が確認されないと、断薬は終了し、また薬を飲んで治療することになります。

 ここでは断薬最新状況として、直近2回分の定期検査の結果をまとめたいと思います。

 

日 付 状  況 心のつぶやき

2021/01/14

 グリベックを断薬してから、約6年9ヶ月が過ぎたので、本日、断薬後の第32回目の定期検査に行ってきた。

 定期検査はいつも通り、通常の血液検査と国際的基準での分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査を実施した。

 まず、前回の分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査の結果が出ていて、IS %MBCR-ABLが『0.0010』とBCR-ABLが少し検出された。

 過去に0.0007未満や0.0008は何度かあり、その後『検出せず』になったが、0.0010は初めてである。

 主治医も今回は慎重に判断したいので、一応次回の検査予約は6ヶ月後にしておくが、1週間後ぐらいに分かる今回のIS %MBCR-ABLの値によってはもっと早い時期に変更するとのこと。

 変更する場合のみ電話連絡するので、電話がなければ変更なしとのこと。2週間以上経った今でも電話がないので、大丈夫だったようだ。

 また、今回の通常の血液検査の白血球の値は6.30で、いつも通りで安定していた。その他の指標では、肝臓、腎臓、炎症の数値もOKとのこと。

 体調は引き続き良好で、グリベックを断薬した影響と思われる体調不良(関節のこわばりや痛み)は再発していない。

 白血球数:   6.30
 IS %MBCR-ABL: 0.0010
 次回検査予定: 2021年07月08日

 今回、新たに臨床試験参加要請があった。研究名は次の通り。

  • 慢性骨髄性白血病患者におけるチロシンキナーゼ阻害薬中止後の無治療寛解維持に関与するKIR/HLA遺伝子多型の検討:多施設共同観察研究

 研究の目的は次の通り。

  • 長期の無治療を継続できることに関連する遺伝子について検討し、今後の治療に役立てること。

 患者の役割は、いつもの定期血液検査で研究用に1本追加で血液採取してもらうこと。少しでもお役にたてれば幸いです。

 IS %MBCR-ABLの0.0010は初めてだったので、最初はちょっとヤバイなぁと思ったけど、2週間以上経った今でも次回検査予約変更の電話がないので、助かった感じだなぁ。

 実際の値は連絡してもらってないので、メールを送ってもらうようにしとけばよかった。

 それにしても、こういう状況は精神的によくないよ。

 

2020/07/09

 グリベックを断薬してから、約6年3ヶ月が過ぎたので、本日、断薬後の第31回目の定期検査に行ってきた。

 定期検査はいつも通り、通常の血液検査と国際的基準での分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査を実施した。

 はじめに、今回は定期検査の検査間隔が6ヵ月に延びてからの最初の検査だったが、検査間隔が6ヶ月も空くと、かなり長く感じた。

 次に、前回の分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査の結果が出ていて、IS %MBCR-ABLが『検出せず』で、国際的基準での分子遺伝学的完全寛解が確認されていた。

 また、今回の通常の血液検査の白血球の値は6.90で、いつも通りで安定していた。その他の指標では、肝臓、腎臓、炎症の数値もOKとのこと。

 ということで、分子遺伝学的完全寛が確認されていたので、グリベックの断薬は続行。次回の検査も6か月後でOKとのこと。

 体調は引き続き良好で、グリベックを断薬した影響と思われる体調不良(関節のこわばりや痛み)は再発していない。

 白血球数:   6.90
 IS %MBCR-ABL: 検出せず
 次回検査予定: 2021年01月14日

主治医から『断薬中に分子遺伝学的完全寛解が解けて慢性骨髄性白血病が再発するのは、断薬してから5年以内が目安になっているので、6年目の私はこのまま再発しないで、大丈夫かもしれませんね。』と言われた。

 どうも5年が節目になっているようだ。主治医が言うように、再発しなければよいのだが、こればっかりはどうなるか分からないなぁ。

 

スポンサーリンク

-慢性骨髄性白血病

© 2021 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 Powered by AFFINGER5