コロナ ライフスタイル

【コロナ】PCR検査を受けた経緯と様子をご紹介します。

更新日:

スポンサーリンク

 今回、コロナのPCR検査を受けましたので、その経緯と様子をご紹介します。少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

PCR検査を受けた経緯

 2022年2月9日(水)ぐらいに喉に違和感を覚えました。最初は風邪のひき始めによくあるちょっとした違和感だったので、『病院に行くまでのないかなぁ』と思って様子をみました。

 ところが、週末になると、つばを飲み込むと喉が痛くなってきました。ここで、『ちょっとヤバいかも』と思い始めました。

 コロナワクチンも、2回目を打ってから6ヵ月以上経過していて、3回目はまだ打っていない(2022年2月末予約済)ので、『オミクロン株の可能性もあるかも』と思いました。

 症状は次のような感じでした。

  • つばを飲み込むと喉が痛い。普通にしていれば、喉は痛くない。
  • 喉に炎症が起きている感じ。
  • せきやたんは特になし。
  • 体温は36.7度ぐらい(体感的には熱がある感じがしない)。
  • その他は異常なし。

 症状からは風邪の初期症状なのか、最近急拡大しているコロナのオミクロン株の症状なのか、判断できない状況でした。

 もし、コロナだったら周りの人に迷惑をかけてしまうので、PCR検査を受けることにしました。この週はあいにく3連休だったので、週明けの月曜日に検査を受けることにしました。

 3連休は自主隔離ということで、外出はしませんでした。

 

事前準備(インターネットで情報収集)

 いざ、PCR検査を受けるとなると、どうすればよいのかや、もしコロナだったらどうすればよいのかが、よく分からなかったので、インターネットで情報を集めることにしました。

 集めた情報は次の通りです。

  • PCR検査ができる場所、施設。
  • もし、コロナだった時のその後の過ごしかた。

 

 その結果、次のことが分かりました。

  • 近くの病院のWebサイトから、自分のかかりつけ医の医院に発熱外来があり、そこでPCR検査と診察ができること。
  • 市役所のWebサイトから、市役所にコロナで困った時の相談センターがあること。
  • 近くの大型スーパーのWebサイトから、コロナで自宅療養(隔離)する時は、ネットスーパーで食料などの必需品がネットで注文でき、宅配されること。

 

PCR検査を受けた場所

 PCR検査は、自分のかかりつけ医である内科・小児科医院で受けることができました。

 その医院は大先生と若先生がやられている地域密着型の内科・小児科医院ですが、コロナ対応に積極的で、『発熱外来』を設けて対応されていて、ありがたいです。

 普段は、定期健診やコレステロールを下げる薬、花粉の薬などでいつもお世話になっています。

 

PCR検査を受けた時の様子

 PCR検査を受けるに当たっての最重要注意事項は、コロナの可能性があるので、絶対に医院内に入ってはいけないことでした。

 次にPCR検査を受けた様子をご紹介します。

  • 2022年2月14日(月)に医院の発熱外来の専用電話に電話して、発熱外来の受診予約をしました。幸い当日の午後3時30分の受診予約がとれました。
  • 午後3時30分に医院に行き、医院の外から到着の電話をしました。看護師さんの準備ができたら呼びに行くので外で待っていてくださいとのことでした。
  • 少し待っていると、完全防護の看護師さんが来て、車のガレージに設けた発熱外来専用診察場所に案内されました。屋根があるだけで、ほとんど外という感じで、扇風機も回っていて3密の心配がない場所でした。
  • 問診を実施し、PCR検査は無料でできますが、やるかと聞かれ、ぜひやってくださいと答えました。
  • 鼻の両穴に綿棒を入れるスタイルの検査方法でした。痛くは無いです。
  • もし、コロナの場合は保健所に連絡しなければならないとのことで、所定の書類に住所、氏名、電話番号を書かされました。
  • 結果は明日の2月15日(火)中に医院から電話連絡するので待っていてくださいと言われました。
  • 薬は、喉の痛み用のトローチと発熱した時の解熱剤をもらいました。

 以上でPCR検査は終了でした。

 

PCR検査結果

 いやー、結果が分かるまでドキドキでした。やっぱり『コロナだったらどうしよう』と考えてしまいますね。

 2022年2月15日(火)の午後2時30分ぐらいに大先生から携帯に電話があり、幸いなことに陰性でした。

 

心のつぶやき

 何事もおしりに火がつかないとやらないタイプの人間だから、いざって時にあたふたしてしまうなぁ。それにしても、コロナじゃあなくてよかった。ホッとした。

 

終わりに

 コロナじゃなくて本当によかったです。オミクロン株は感染力が強いのでお互い感染しないように注意しましょう。多分もう注意されているとは思いますが。

 最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

 それでは、また。

スポンサーリンク

-コロナ, ライフスタイル

© 2022 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 Powered by AFFINGER5