Visual Studio パソコンの使い方

【Visual Studio 2022】 インストール方法をご紹介します。

更新日:

スポンサーリンク

 以前、Visual Studio 2019 のインストール方法をご紹介しましたが、今回はVisual Studio 2022が出ましたので、こちらのインストール方法をご紹介します。

 Visual Studio 2019 と2022は共存できます。今回のインストールも、2019がインストールされているWindows10ノートパソコンに、2022をインストールしました。

Visual Studio 2022の新機能

 Visual Studio 2022の新機能をご紹介します。個人使用で関係しそうな主なものは、次のような感じになっています。

  • Visual Studio 2022が64ビット化されて、パフォーマンスが向上したそうです。
  • プログラムのコードを変更した時、ビルドしなくてもその場で変更内容がどのように反映されるかを確認できるホットリロード機能が追加されたそうです。
  • プログラムのコード入力時の補助機能が強化されて、コードが書き易くなったそうです。
  • デバッガー機能が強化されて、コードのバグ(不具合)を見つけ易くなったそうです。

 

Visual Studio 2022 Community(無料版)のインストール

 Visual Studio 2022にも有料版と無料版があります。今回も無料版のVisual Studio 2022 Communityをインストールします。手順は以下のようになっています。

 Visual Studio 2022 ダウンロードページ

 まず、上記『Visual Studio 2022 ダウンロードページ』へのリンクをクリックし、下の画像のようにダウンロードページを表示します。

 ダウンロードできるページは他にもありますので、他のページの場合でも、無料版のインストーラーをダウンロードするようにしてください。

 

 そして、上記画像の赤枠にある『無料ダウンロード』ボタンをクリックして、インストーラーをダウンロードします。Googleクロームの場合は、次の画像のように左下赤枠部分にインストーラーの実行ファイルが表示されます。

 

 インストーラーのダウンロードが完了したら、上記画面の赤枠の実行ファイルをクリックし、インストールを開始します。

 この時、『このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?』画面が表示されますので、許可してください。

 すると、Visual Studio 2022のインストーラーが起動され、次の画面が表示されます。

 

 そこで、上記画面の『続行』をクリックし、下の画像のようにインストーラーの処理を続行します。

 

 インストーラーの処理が進むと、次の画像のようにインストールする機能を選択する画面が表示されます。

 

 今回はインストールした後、簡単な『ドラクエ10ゲーム用のアプリ』をディスクトップアプリとして作成したいと思っていますので、上記画面の赤枠で囲った『.NETディスクトップ開発』にチェックを入れて選択しました。

 もし、他に使いたい機能があれば、チェックを入れて下さい。ここでインストールしなくても、後から追加インストールができます。追加インストールの方法は下の方に書きます。

 使用する機能を選択したら、上記画面の右側の赤枠にある『ダウンロードしながらインストール』、あるいは『インストール』のどちらかをクリックして下さい。どちらでもOKです。

 違いは、ダウンロードしながらインストールするか、あるいはダウンロードが完全に終了してからインストールを開始するかです。

 すると次の画面が出てきて、本体のダウンロードとインストールが始まります。この処理は8分ぐらいかかります。Visual Studio 2019がインストールされていない場合は、下の2019部分は表示されません。

 

 インストールが完了すると、インストーラーの画面は次のようになります。また、上記画面で『インストール後に起動する』にチェックが入っていますので、Visual Studio 2022が起動されます。

【インストーラーの画面】

 

 Visual Studioを初めてインストールした後の最初の起動では、下の画像のようにMicrosoftのアカウントでサインインを要求されますので、サインインしてください。

 

 サインインすると、起動処理が続行され、次の画像のように、起動後の初期画面が表示されます。左側部分はVisual Studio 2019の内容が引き継がれて表示されています。

【Visual Studio 2022起動後の初期画面】

 

【Visual Studioを初めてインストールして起動した後の初期画面】

 

 以上でインストールは終了です。お疲れ様でした。

 

後から機能を追加、あるいは削除するインストール方法

 はじめに、windows のスタートメニューから『Visual Studio Installer』を起動します。この時、インストーラーが古いと、インストーラーが更新される場合があります。

 インストーラーが起動されると、次のインストーラー画面が表示されます。

 

 次に、上記画面の赤枠『変更』をクリックします。すると、次の機能選択画面が表示されます。以前選択した機能にチェックが入っています。

 ここで、追加、あるいは削除する機能を選び直します。

 これ以降は、通常のインストール方法と同じです。下にあるインストールボタンをクリックしてインストールを開始します。

 

 以上が、後から機能を追加、あるいは削除するインストール方法です。

 

終わりに

 無料で使える『Visual Studio 2022 Community』 のインストール方法をご紹介しました。もし、Visual Studio の使い方を練習する場合は、次の記事を参考にして下さい。

no image
【ドラクエ10】時計アプリにパニガルムのボス名を追加してみました。

  注意事項  ドラクエ10バージョン6.2の仕様変更により、本記事の時計アプリの表示内容が古くなり、変更が必要になりました。最新の時計アプリについては、次の記事を参照してください。     ...

続きを見る

 最後まで、閲覧して頂き、ありがとうございました。

 それでは、また。

スポンサーリンク

-Visual Studio, パソコンの使い方

© 2022 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 Powered by AFFINGER5