Windows10 トラブルシューティング パソコンの使い方

【Windows10】USBメモリに6GBファイルをコピーした時に起きたエラーの原因と対策です。

更新日:

スポンサーリンク

 今回、空き容量28GBのUSBメモリに6GBのファイルをコピーしようとしたら、『ファイルが大きすぎて、対象のファイルシステムに入らない』という変なエラーメッセージが出力されて、コピーできませんでした。

 出力されたエラーメッセージからは、ちょっと原因が分かりずらかったので、ここで原因と対策を紹介します。

エラー発生状況

 Windows10ノートパソコンで、Webサイトから6GBのファイルをダウンロードして、空き容量28GBのUSBメモリにエクスプローラーでコピーしようとしたら、次のエラーメッセージが出て、コピーできませんでした。

 空き容量が28GBもあるUSBメモリなのに、6GBのファイルが入らない?なんで?空き容量は余っているのに。 

 新品USBメモリだったので、再度フォーマットし直して、実行してみましたが、結果は同じでコピーできませんでした。

 

エラーが発生した原因

 エラーが発生した原因は、USBメモリのファイルフォーマットでした。新品のUSBメモリだったので、FAT32というファイルシステムでフォーマットされていました。

原因

 FAT32ファイルシステムでは、保存可能なファイルの最大サイズが、USBメモリの空き容量にかかわらず、4GBが上限でした。

 

 ですので、いくら空き容量が28GBのUSBメモリでも、6GBのファイルはコピー(保存)できなたっか訳です。

 エラーメッセージの説明が、『対象のファイルシステムに入りません』ではなく、『対象のファイルシステムでは取り扱えません』のような感じだったら、もっと分かりやすかったと思います。

 『対象のファイルシステムに入りません』だったので、てっきり空き容量の問題だと思ってしまいました。

 

6GBファイルをコピーできるようにした対策

 USBメモリを次のようにNTFSファイルシステムでフォーマットし直して、コピーしたら問題なくコピーできました。

【NTFSでフォーマットしたUSBのプロパティ】

 

NTFSファイルシステム

 WindowsXP以降の標準ファイルシステムで、USBメモリに保存できるファイルサイズは、USBメモリの最大容量が上限になります。ただし、全体容量は256TBです。事実上無制限です。Windowsだけでしか使わないのであれば、これでOKです。

 

【6GBファイルをコピーしたUSBの内容】

 

終わりに

 パソコンの技術が急速に進歩していますので、昔できた仕様やメッセージが対応しきれていないような感じを受けました。まあ、しょうがないことかもしれませんが。

 最後まで閲覧して頂き、ありがとうございました。

 それでは、また。

スポンサーリンク

-Windows10, トラブルシューティング, パソコンの使い方

© 2020 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 Powered by AFFINGER5