断薬経過状況 2019年

 

年代別掲載ページ

 ■ 2014年: 断薬開始、体調不良発生
 ■ 2015年: 断薬継続、体調不良継続
 ■ 2016年: 断薬継続、体調回復、臨床試験完走
 ■ 2017年: 断薬継続、IS %MBCR-ABL情報追加
 ■ 2018年: 断薬継続、新たな断薬関連の臨床試験に参加
 ■ 2019年: 断薬継続、定期検査間隔が4ヶ月になる

(注)IS %MBCR-ABL:国際的基準で分子遺伝学的完全寛解を確認する指標

 

断薬経過状況 2019 年

日 付

状  況

心のつぶやき

2019/01/10

 グリベックの断薬が始まってから、約4年9ヶ月が過ぎたので、本日、断薬後の第27回目の定期検査に行ってきた。
 はじめに、今まで定期検査の間隔が3ヶ月だったが、次回から1ヶ月延びて4ヶ月になる。理由は次回で断薬を始めてから5年の節目になり、かつ経過も安定しているので、検査間隔を延ばしても大丈夫とのこと。
 続いて、定期検査はいつも通り、通常のの血液検査と国際的基準での分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査を実施した。
 まず、前回の分子遺伝学的完全寛解を確認する血液検査の結果が出ていて、IS %MBCR-ABLが『検出せず』で、国際的基準での分子遺伝学的完全寛解が確認されていた。
 また、今回の通常の血液検査の白血球の値は、6.70で、いつもより少し低いが安定している。
 ということで、分子遺伝学的完全寛が確認されていたので、グリベックの断薬は続行。体調は引き続き良好で、グリベックを断薬した影響と思われる体調不良(関節のこわばりや痛み)は再発していない。

 白血球数:   6.70
 IS %MBCR-ABL: 検出せず
 次回検査予定: 2019年5月16日

 次回の検査から検査間隔が1ヶ月延びて、4ヶ月になるのか。これも状態が良好で安定しているから延ばせるのか。今後もこの調子が続いてくれるといいんだけど、どうなるかなぁ。

Copyright© 中強度のウォーキングとベジファーストがいいらしい。 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.